色々なアイディア

話題の実業家

株式会社アトム代表取締役社長青井茂氏の経歴・話題をまとめてみました!

あまり詳細なプロフィールなどが公にされていない青井茂氏ですが、「丸井」の創業者である青井忠治を祖父に持つことで知られているかもしれません。

エリートと称されることが多いといわれている青井茂氏の経歴や活動などを調べてみました。

青井茂氏とは

新聞を持つビジネスマン

青井茂氏は大学卒業後に渡米し、カリフォルニアのO'neill社に従事。帰国後は大企業の分社化などを手掛けていたそうです。その後、産業再生機構で企業の再生案件などに関わり、各企業の従業員たちとの会話の中から企業再生への課題をみつけ、経営陣らとPDCAを実施したとのこと。

現在は株式会社アトム代表取締役社長として業務を運営しているようです。また、インタビュー記事などもインターネット上に多くあり、目にした人もいるのではないでしょうか。

慶応義塾大学卒業後渡米!

  • 昭和52年 東京に生まれる
  • 平成11年 慶応義塾大学経済学部卒
  • 平成23年 株式会社アトム代表取締役副社長就任
  • 平成27年 女子アナウンサー山岸舞彩と結婚
  • 令和元年 (株)アトム代表取締役社長に就任
  • 大学卒業後はカリフォルニアの会社に勤めていた経歴もあるようです。

http://www.kirakusha.com/author/a217195.html より

エリートなだけじゃない、未来への想いとは!?

座席

青井茂氏が代表取締役社長を務める株式会社アトムは、不動産や再生エネルギー事業などを取り扱っています。同社では、“Mission 2030”を掲げ公務員宿舎をリノベーションするなど、「どこにもない場を生み出す」を創造する活動を実施しているそうです。

また、富山にルーツをもつ青井氏のエピソードとして、地元出身のプロ野球選手などと一緒に富山県に新会社を設立し、富山市の市街地に複合施設の建設事業やスポーツイベントの企画・開催などに取り組んでいるとのことです。青井氏はアリーナで生の感動を大勢の人と共有したいとの想いをインタビューでもこたえているそうです。

そして、私生活では女子アナウンサーとの結婚で青井氏が注目されましたが、実弟もアナウンサーとのことです。

まとめ

エリートという言葉が最初に出てきがちな青井茂氏。しかしそれだけでは経営の舵をとることはできないのではないでしょうか。

現在の事業、そして未来への事業にかける想いがあるようです。いつか青井氏がつくったアリーナで感動を共有する未来がおとずれるかもしれません。

おすすめ記事一覧

考える人 1

父親から受け継いだ会社の事業を拡大し、いまや年商150億ともいわれているKRHを経営する青山光司氏。持ち前の営業力を武器に人脈を広げ、テレビなどのメディアにも出演して、広く知られるようになったそうです ...

気づく女性 2

株式会社gloops(グループス)の創業者で元社長。2005年に広告代理店「有限会社グローバルメディアソリューション」(後の株式会社gloops)を設立。初年度での売り上げを元にインターネット事業に参 ...

スーツを着た少年 3

ベンチャー企業に投資し、業績を上げ、次々と株式を上場し続けている穐田誉輝氏。投資家でもあり経営者としての顔もつ穐田氏は、どのような発想と経験で現在のポジションを得たのでしょうか。人気女性芸能タレントと ...

-話題の実業家
-, , ,

Copyright© 実業家ノート , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.