パソコン

有名実業家

株式会社サイバーエージェント代表取締役社長・藤田晋氏の経歴・話題をまとめてみました!

株式会社サイバーエージェントの代表取締役社長を務める藤田晋氏。一般財団法人新経済連盟の副代表理事も務めています。そんな藤田晋氏のエピソードや話題を調べてみました。

藤田晋氏とは

福井県に生まれた藤田氏は、高校卒業まで地元で過ごしていました。高校時代はバンド活動をしており、ミュージシャンが夢だったそう。そして大学進学を機に上京、青山学院大学経済学部へと進学しました。在学中は麻雀に明け暮れ、一時期はプロ入りも考えるほどだったのだとか。
留年を経て卒業し、人材派遣会社に入社。その後1998年に株式会社サイバーエージェントを設立しました。「アメーバブログ」といったメディア事業をはじめ、インターネット広告事業などを展開しています。
2000年、同社が東証マザーズに上場。実に26歳という若さで、当時史上最年少でマザーズ上場を果たしました。
2007年に世界経済フォーラム主催のヤング・グローバル・リーダーに選出されます。フォーブスに誌よると2019年3月時点の総資産は1170億円で、日本長者番付の42位とのことです。
交友関係が広く、ライブドア元社長の堀江氏、ピーチ・ジョン社長の野口氏、株式会社麻生の社長の麻生氏、幻冬舎社長の見城氏など実業家だけでなく、タレントの飯島愛氏、ミュージシャンのGackt氏、歌舞伎役者の市川海老蔵氏など、友人は各界にいるそう。
また、「ジャパニーズ・ドリーム―26歳上場企業社長のe革名宣言!」、「渋谷ではたらく社長の告白」など数多くの著書があります。

藤田晋氏の経歴

昭和48年 福井県鯖江市生まれ
平成10年 株式会社サイバーエージェントを設立し、代表取締役に就任
平成12年 サイバーエージェントが東証マザーズに上場
平成18年 日本テレビフットボールクラブの副社長に就任
平成24年 一般社団法人新経済連盟理事に就任
平成25年 株式会社giftを設立
平成28年 一般社団法人新経済連盟副代表理事に就任

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E7%94%B0%E6%99%8Bより

すごい会社を創りたいという思いから起業!

パソコンとスマートフォン

藤田晋氏は高校生の時のバンド活動が起業のきっかけだと語ります。当時のバンド仲間に、「いつかレコード会社を立ち上げて皆をデビューさせる」と言っていたのが、会社を創りたいというアイディアの原点だったそう。その後、大学生の頃、経営者が若い会社でアルバイトし、そこでイキイキ働く社員を見て「すごい会社を創りたい」と想いを持つようになったのだとか。起業を考えるのであれば、学生時代に経営者と間近で接するような環境に身を置くことは有意義であるといいます。
その後24歳で起業し、資金もビジネスアイディアもなかったそうですが「裸一貫で起業して、死に物狂いでやってだめでも経験が残る。ゼロは元々ゼロでしかない」という開き直りのような部分もあったとのこと。いざ起業してみると、資金やアイディア作りにも協力者が現れ、週110時間くらいを仕事に充てていたとのことです。

まとめ

サイバーエージェントを設立し、当時史上最年少で東証マザーズに上場させた藤田晋氏。高校時代はミュージシャン、大学時代はプロ雀士など様々な夢を見ていましたが、最終的には「すごい会社を創りたい」という志を胸に起業し、成功を収めました。

おすすめ記事一覧

考える人 1

父親から受け継いだ会社の事業を拡大し、いまや年商150億ともいわれているKRHを経営する青山光司氏。持ち前の営業力を武器に人脈を広げ、テレビなどのメディアにも出演して、広く知られるようになったそうです ...

気づく女性 2

株式会社gloops(グループス)の創業者で元社長。2005年に広告代理店「有限会社グローバルメディアソリューション」(後の株式会社gloops)を設立。初年度での売り上げを元にインターネット事業に参 ...

スーツを着た少年 3

ベンチャー企業に投資し、業績を上げ、次々と株式を上場し続けている穐田誉輝氏。投資家でもあり経営者としての顔もつ穐田氏は、どのような発想と経験で現在のポジションを得たのでしょうか。人気女性芸能タレントと ...

-有名実業家

Copyright© 実業家ノート , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.