RECRUIT

有名実業家

株式会社リブセンス代表取締役社長・村上太一氏の経歴・話題をまとめてみました!

株式会社リブセンスの代表取締役社長を務める村上太一氏。史上最年少で東証マザーズ上場を成し遂げた村上太一氏のエピソードや話題を調べてみました。

村上太一氏とは

履歴書

東京都に生まれた村上氏は、小学生の頃から将来の夢は社長になると心に決めていたそう。早稲田大学高等学院在学中から起業のために簿記検定2級を取得したり、情報処理技術者試験に合格するなど、着々と準備を進めていました。高校卒業後は早稲田大学に入学し、1年生の時に学校が行った「ベンチャー起業家養成基礎講座」のビジネスプランコンテストで優勝した経験があります。
そして大学在学中の2006年に株式会社リブセンスを設立。その年の4月には、アルバイト求人を掲載する「ジョブセンス」を開設します。求人業界ではこれまで「掲載課金型」が大部分を占めていましたが、同社のサイトでは新しく「成功報酬型」のビジネスモデルを築きました。
リブセンスは創業2年で黒字化し、2011年に東証マザーズに上場。翌年東証第1部へ市場変更します。東証マザーズ上場の時村上氏は25歳1か月という若さ。自社の株式を公開した人として史上最年少となりました。

村上太一氏の経歴

昭和61年 東京都生まれ
平成17年 早稲田大学政治経済学部経済学科に入学
平成18年 株式会社リブセンスを設立
平成23年 株式会社リブセンスが東証マザーズ上場
平成24年 株式会社リブセンスが市場変更し東京証券取引所市場第一部上場

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%91%E4%B8%8A%E5%A4%AA%E4%B8%80より

村上流人材マネジメント術!

村上太一氏は上場企業の社長として史上最年少記録を更新してきたため、年上の社員も多いそう。仕事をする上で村上氏は、悪いところがあれば見逃したり曖昧にせず、ストレートに言うことを心がけているといいます。しかし、村上氏は怒った後にすぐ笑顔になってしまう性分とのことで、悪いところを指摘した後でもすぐに笑顔になるそう。そのおかげか、指摘された社員も感情的に反発することなく、言われたことを素直に受け止めてくれるのかもしれないとのことです。
また、学生だけでスタートした会社だったため、創業時から「遅刻をしない」「約束を破らない」など社会人としてのルールを徹底するよう指導してきたそう。学生だからという甘えが出ないようにするためであり、1秒でも遅刻したら叱っていたそうです。

まとめ

株式会社リブセンスを設立後、求人情報サイト「ジョブセンス」を開設し、史上最年少で東証マザーズに上場させた村上太一氏。小学生の時の「社長になる」という夢を叶えるため、高校時代から準備を進めてきました。大学在学時に会社を設立し、「成功報酬型の求人媒体」というこれまでにないビジネスモデルで成功を収めました。

おすすめ記事一覧

考える人 1

父親から受け継いだ会社の事業を拡大し、いまや年商150億ともいわれているKRHを経営する青山光司氏。持ち前の営業力を武器に人脈を広げ、テレビなどのメディアにも出演して、広く知られるようになったそうです ...

気づく女性 2

株式会社gloops(グループス)の創業者で元社長。2005年に広告代理店「有限会社グローバルメディアソリューション」(後の株式会社gloops)を設立。初年度での売り上げを元にインターネット事業に参 ...

スーツを着た少年 3

ベンチャー企業に投資し、業績を上げ、次々と株式を上場し続けている穐田誉輝氏。投資家でもあり経営者としての顔もつ穐田氏は、どのような発想と経験で現在のポジションを得たのでしょうか。人気女性芸能タレントと ...

-有名実業家

Copyright© 実業家ノート , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.